2016年10月29日

CHABLIS GRAND CRU-Les preuses

chablis-lespre-rabel.jpg
【CHABLIS GRAND CRU-Les preuses】シャブリグランクリュ レプルーズ
当店はカフェを生業としておりますが、濃厚なゴルゴンゾーラのパスタやチーズも扱っており、何より私個人がワインが好きと言う事でワインリストを作っております。コンセプトはテーブルワインからボトル売りのワインまで、高級ラインよりも気軽にお飲みいただけるリストであり、なおかつ、お客様にこれは面白い、美味しいと喜んでいただけるような仕入れをしております。

かといって、シンボリックなメジャーワインもご用意させていただいております。その一本が、この【CHABLIS GRAND CRU-Les preuses】シャブリグランクリュ レプルーズです。

世の中にシャブリワインは数多くあります。ですが、GRAND CRU(グランクリュ)特級畑の物は7つの銘柄しかありません。シャルドネ品種のぶどうを使った、シャブリ特級ワインを名乗れるのは7つ。

Blanchot ブランショ

Bougros ブークロ

Les Clos レ・クロ

grenouilles グルヌイユ
Valmur バルミュール
Vaudesir ヴォーデジール

そして、今回の一本、Les preusesレプルーズです。レ プレユーズと言ったり、ラプルーズと言ったり、まぁ読み方はフランス語ですから様々ですし、厳密に言えばこの他も特級を名乗る(名乗れる)ものもありますが、結局はこの畑の一部から作られる物に変わりはありません。

世界中の人から愛され、おそらく白ワインの中ではもっとも有名で、よく好まれているワインの一角であると言ってもいいと思います。スッキリとした辛口ワインで、水のミネラル分をよく表現できている味だと言えるし、香りも非常によい物だと言えます。


シャブリは火打ち石の味?なんて言われていますが、そもそもソムリエのみなさんの表現の豊富さではレンガを舐めたようなとか、とかくそういった表現が多いのですが、自然そのもののミネラルを感じられる微かな甘さを表現しているのではないでしょうか?

女性をエスコートする時のワイン選びに、こんなうんちくの一つを覚えておくといいと思うのです。ワインを覚えるのはフランス語なので難しいと思っていらっしゃるなら、おうちでも、私どものようなお店でもとりあえず一本、じっくりとお飲みいただき、写真に記録するなり、ラベルをスクラップするなりすると覚えやすいと思います。


あーそうそう、チーズは赤ワインだけしかあわない訳ではありません、肉も豚などは白もおいしくいただけると思います。これは好みでよろしいんじゃないかと思います。


通常お値段は12000円(一本)のところ、ブログを見たとおっしゃって戴ければ1万円でご提供させていただきます。



もうそろそろ11月ですね。

11月といえば、ボジョレー解禁日です。

時差の関係で、世界で一番早く飲めるのが日本ということで、当店でもボジョレー解禁日にあわせてご用意いたしております。是非、一緒に世界で一番早くボジョレーを楽しみませんか?


11/16 24:00(11/17 0:00)ですので、16日22時からイベントをスタートしたいと思っております。

お問い合わせは

〒2450003 神奈川県横浜市泉区岡津町 176番地1階

045-443-7355

まで。お待ちしております。


posted by フロランタン at 01:36| Comment(0) | メニュー(ワイン)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。